m-i-d Staff Blog

MENU
SEARCH

The EDIT -GREAT ESCAPE- in Resort

 

季節の移り変わりを肌に触れる風のぬくもりで感じると、
まだまだ先だと思っていたGWの休暇が目前に迫ってきました。

今年は最大で10連休となり、過ごし方の選択肢も多岐にわたるのではないでしょうか。

 

ご家族で団らんの時間を旅先で過ごす方や、恋人と少し遠くのリゾートへ行く方、
自分自身を労わるリフレッシュの日を作ったり、

いつもより豪華なホームパーティを開いてみたりなど
普段の連休とは異なるスケジュールを組み立てているのでは?

 

そんな休暇はいつもの日常を解き放ち、
シーンに合わせたお気に入りのアイテムで更に気持ちを高めましょう。

 

本日は太陽の光を浴びながら、身も心もリフレッシュできる“Resort”へトリップ。

澄み渡る空や、海のBLUEに映えるスタイリングで全身で休暇を満喫しましょう!

 

 

 

 

 

街の雑踏を抜け出し、時間を忘れてビーチサイドで過ごすひとときの時間。

リラクシングな着心地や、紫外線対策アイテムなど機能性を考えたアイテムの選択はもちろん、

ラグジュリアスなマリンリゾートに相応しい品格のあるスタイリングを意識して。

 

Aveniretoile ウエストシャーリングワンピース(5月頃入荷予定)

Aveniretoile カゴトートバッグ

Aveniretoile リボンストローハット

 

 

 

 

日中は25℃~30℃程の気温となる海外リゾートでは、清涼感のあるアイテムがマスト。

ドライタッチに仕上げたツイル素材を使用したトップスなら、

歩き回るショッピングでも通気性があり、汗をかいても手洗いOK◎

見た目にも涼しいカラーグラデーションコーデで快適な1日を過ごしましょう。

 

M-PREMIER リボンベルトブラウス

M-PREMIER リネンライクワイドパンツ

Aveniretoile オーバルサングラス

 

年齢を重ねても常に肌が美しい憧れの女性におすすすめしていただいたのが

飲む日焼け止めの“HELIOCARE(ヘリオケア)”。ビーチリゾートがあり、太陽の光を多く浴びるスペインで作られたこともあり、海外での紫外線も安心。

 

荷物を極力少なくしたい海外旅行では、内服できる日焼け止めを選択するのが◎

現在話題となっている、塗るタイプの日焼け止めの海への環境問題を考えると、

今後紫外線対策のメインになってくるかもしれませんよね。

 

身体の中に入るものなので、安全性が気になりますが、
20年以上皮膚科医での使用実績があることや、世界20か国以上で販売されていることで安心感もあります。使用の前にはご自身の副作用や、常用薬との相性も確認してみてくださいね。

 

https://www.heliocare.net/

ビーチサイドに欠かせない電子ガジェットを3つPICK UP!

 

1,電子書籍リーダー

Amazon Kindle Paperwhite

 

リゾート地ではマリンスポーツやツアーなど、アクティビティを楽しむことも魅力の1つですが、

いつもはゆっくりと時間を取れない現代女性におすすめしたいのは、

ビーチやプールサイドで本の世界にじっくりと浸る時間を作ること。

 

数ある電子書籍リーダーの中からおすすめしたいのが、防水機能付きでビーチサイドでも安心のKindle Paperwhite。

特別な1冊をトランクに忍ばせて持っていくことも素敵ですが、

現地へ降り立った気分で読みたい本を選択すると、振り返る旅の思い出にもなりますよね。

反射しにくいディスプレイを採用しているので、ビーチサイドでも快適な時間を過ごせます。

 

2、ワイヤレススピーカー

Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

 

BluetoothでiPhoneにコネクト。シーンに合ったBGMで気分を高めましょう!

BOSEのスピーカーは大音量でも音割れする心配がないので、
心地良いサウンドでストレスフリー旅を送れること間違いなしです。
小さなフォルムですが、ラウンド型なのでどこに置いても360度響き渡り迫力は満点。

 

3、アクションカメラ

GoPro

 

普段は目にすることのできない非日常の世界は、形として残したいもの。
GoProは常にアップデートし続ける最先端のアクションカメラ。
アクティビティの臨場感を視覚と同様に残すことができるので、

振り返る写真たちがいつものカメラで撮影したものとひとあじ違う仕上がりに。

 

 

 

Extra…

小型ドローン

 

わたしたちEDITORの中で気になるアイテムとして声があがったのが

空中からの撮影が可能なドローン。旅に持っていくなら、手のひらサイズの小型ドローンがおすすめ。スマートフォンと連動させられるタイプを多く登場しているので、そのまま撮影した動画を残すことも可能です。

 

 

 

 

少しの工夫で、いつもよりリッチな気分の旅にクラスアップさせてくれる電子ガジェット。

是非チェックしてみてくださいね。

ひとあし早い妄想トリップであなたはどこへ行きましたか?

あなたのホリデーが特別な1日になりますように。

 

GREAT ESCAPE